Sophia Chess Circle - ソフィアチェスサークル

上智大学にあるチェスサークルの活動日記です。サークルは2009年4月29日にできたばかりのサークルです。初心者大歓迎!気軽に遊びに来てください!!
Posted by ソフィアチェス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ソフィアチェス   0 comments   0 trackback

月間報告

こんにちは。


自己顕示欲の強い馬さんがブログを更新しろというので、いまさらですが5月のゴールデンオープンの結果からお伝えします。

ショートとの同時対局イベントにおけるドローが記憶に新しい馬屋原さんですが、全日本選手権と並行して開催されたゴールデンオープンでも初出場で準優勝の快挙達成です。
6勝1敗1分の好成績で、かつ元日本王者で優勝者の馬場さんとは引き分けています。レーティングも2000の大台に乗りました。やっぱり馬さん誇らしい。後輩の私が言うのもなんですが、小島さんによって昨年の新人賞に値すると評されたように、確かに彼の成長は目を見張るものがあります。なにしろ、1年前に学内で行った総当たり戦では、まだ入部したてのヒラ部員の私でも彼に勝利していましたから。来年の日本選手権に向けてこれから台風の目になっていくでしょう。

また、先の6月23日には慶應大学三田キャンパスにて交流会が催されました。
和田さんがリレーチェス1試合目の後に帰ってしまったので補足の報告です。


会場に到着して(遅刻)、まずはじめにキャンパスの近代的でシックな建物と設備に目をむきました。上智で一番新しい2号館でさえ、ここのビル群と比較したら色あせてしまいます。
四ツ谷キャンパスでは最近部室のあるホフマン・ホールの鍵が電子錠に変更されましたが、築30年くらい経過しているんだからいっそのこと建物ごと改築して欲しいですよね。


前半のリレーチェスは、慶應の古谷さん、日大の唐津さん、なにやら小癪そうな小学生(名前忘れた)と組んでのガチバトルです。
和田さんの後を引き継いで2試合に参戦しましたが、あえなく連敗。私はと言えば相手にナイトとルークをプレゼントするなど、協調性がなくてホントに申し訳なかったです。それでも古谷さんのあのクイーンタダ同然落ちの1手には敵いません。なんだか救われた気がしました。


後半は、25分+1手10秒の快速を2試合。1試合目は東大の村上さん、2試合目は医科歯科の田尻さんと対戦しました。
初戦の内容は、ピースアップから一転ルークタダ落ちで引き分けるという悔しい急転直下を経験しました。リレーチェスと言い、タダで落とすのが好きですね。
第2戦は得意のニムゾヴィッチ・ディフェンスから4ナイツと持ち込み、序盤の2ポーンアップからナイトとルークのエクスチェンジを経て勝つことができました。彼も終盤まで粘りエンドゲームの苦手な私は無駄な手を繰り返していましたが、最後は力づくで攻め落としました。勝負の世界は無情です。


それにしても久しぶりに外部の方と指したので、とてもスリルのあるゲームができました。
今回の機会を提供してくださった慶應CCには(いつもお世話になりっぱなしですが)、お礼を申し上げます。
今後ともよろしくお願いしますね!

さて、SCCは7月から部室が移動します。従来のホフマン・ホール地下2階B210からすぐ向かいにあるB209へ引っ越しです。

活動日は変わりませんので、どなたでも遊びにいらしてくださいね。

松本

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sophiachesscircle.blog91.fc2.com/tb.php/27-fb9fda50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。