Sophia Chess Circle - ソフィアチェスサークル

上智大学にあるチェスサークルの活動日記です。サークルは2009年4月29日にできたばかりのサークルです。初心者大歓迎!気軽に遊びに来てください!!
Posted by ソフィアチェス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ソフィアチェス   0 comments   0 trackback

合同合宿報告

8月4日~7日にかけて、東大・慶應合同の福島県での夏合宿に参加してきました。

SCCからは、女子部員2人とOB1人の計3名が参加。前回ブログに書かせていただいた交流戦の途中退場が心残りだったので、そのリベンジも込めて参加しました。上智からは他の1年女子部員が不参加だったので、参加を決意するのにかなり勇気が要りましたが。

初日はホテルに到着後、リレーチェスにて合宿スタート・・・のはずが、気づけば女子4人だけでボートの上に。しばらく湖でぐるぐる回ったあと、帰りはバックして無事岸へ。ある意味高度な技術です。岸でリレーチェスの開始を待って下さっていた皆様、申し訳ありませんでした。次はもっと時間がある時に乗ります。

さて、ボート組が無事帰還したところでリレーチェスがスタート。大学混合で4人1組の6チームを作り、3試合。私は東大の宮崎さん、慶應の勝田さん、小林さんとチームを組みました。一回戦では相手を時間で落とすも、イリーガルムーブやら何やらで全く貢献できず。二回戦ではクイーンとルークをタダ同然で落とし、時間落ち。三回戦ではまたしてもイリーガルムーブ、そして時間落ち。他の1年生がちゃんとチームに貢献している中で、勝利どころか破滅への道にしかチームを導けなかった3試合でした。本当に申し訳ない。

この日の夕食は屋外のテーブルにてBBQ、デザートのスイカでさっぱりした後は「他己紹介」。左隣の人を紹介するという方法で、笑いあり、フィクションあり(もはや紹介になっていない)の楽しい(?)他己紹介になりました。夕食後はチェスをしたりしなかったり、自由に過ごしました。私は1:00頃に睡魔に負け就寝、夜更かしは得意ではありません。

2日目。開会式の後、快速の大会がスタート。1Rはまさかの橋本先輩との対戦。クイーンズ・ギャンビットに持ち込むも、白マスビショップを活用できないままメイトされました。2Rでは慶應の平川さんと対戦。定跡の中では一番詳しいルイ・ロペスでしたが、ポーン・アップの機会を逃し、クイーンとルークがほぼタダで落ち、ビッショップとクイーンのコンビによるチェック・メイト。リレーチェスといい、敵にサービスしてばかりです。自己嫌悪に陥りかけるも、ブリッツで初勝利を挙げ踏みとどまりました。快速の大会と同時進行で、実はブリッツの総当たり式の大会も行われました。

お昼に流しそうめんをいただいた後、東大の山田さんによるレクチャー。終盤の基本的な考え方についての講義でした。中盤から終盤にかけての理解が浅かった私にとって、非常に役に立つ講義でした。復習してしっかり身につけようと思います。レクチャーの後、快速3R。ここで私はまさかのbye。昼にお帰りになる方が一人いて、一時的に奇数人数になったからです。昨夜の睡眠不足を補うべく、ありがたくソファで爆睡させていただきました。

残りはテイク・アウトしようかと思うほど美味しくて量の多い夕食の後、一部のメンバーで花火をしました。大勢で燃やしたからでしょう、あっという間に最後の線香花火が燃え尽きました。上智の合宿でもやりたいですね、夏休み最後の思い出として。桟橋で夜空を見上げたら星が綺麗でした。大自然の中での合宿、何とも贅沢です。何試合かブリッツをした後、再び1:00過ぎに就寝。体力温存を図ります。

3日目は大会最終日。4Rと5Rでは同室の1年女子との対戦。どちらも勝てた試合でしたが、4Rでは再びクイーンとビショップのコンビによるチェック・メイト。前日の試合とは違って、悔しさが骨まで刻み込まれました。もう同じミスはしないはず。6Rでは慶應の吉木さんと対戦。苦手なシシリアンに持ち込まれ、時間落ちしました。定跡の勉強が足りません。

昼に崩れた天候が回復し、ボートにまっしぐらな方々がいた中、私はブリッツの残った試合を消化すべく室内に。この日だけで十数試合を消化しました。初日と2日目にさぼっていなければ良かった。

夜は慶應の南條さんによるチェスクイズ。リレーチェスのチームを元に5チームを作り、本気の早押し対決です。メンバーが全員正解したチームから抜けていき、順位が決まります。1番で抜けたチームはドーナツをゲット。私のチームはリレーチェスと全く同じでしたが、惜しくも2番抜け。アンカーだった私は、2択の問題を勘で当てました。リレーチェスでの失態を、少しは埋め合わせた気がします。クイズの後、なにやらサイコロを振って盛り上がっている方々を背に、試合の検討とブリッツを数試合。2:00頃、なんだか寝るのがもったいない気もしましたが、未成年者の私が先輩方に混じって騒ぐわけにもいかず、床につきました。
最終日は荷物をまとめた後、バスにて五色沼へ。そこでウォーキングを楽しむはずでしたが・・・あいにくの雨で断念。ホテルに帰って閉会式、参加者の成績が発表されました。慶應の南條さんが、快速で無敗での優勝。ブリッツでも23勝1敗の好成績で優勝しました。おめでとうございます。私も早く同じ次元に行きたいものです。私の成績はというと、快速で25人中22位と、参加した1年女子4人の中ではトップ。ブリッツは2勝22敗で、上位にはほど遠かったです。

昼食の後、ホテルの前と桟橋の上で記念撮影をし、帰路へ。渋滞に巻き込まれたものの、無事新宿駅に到着。未成年の私はまたしてもすぐに家路につきましたが、他の皆さんは打ち上げで盛り上がったことでしょう。

今回、このような楽しい合宿を企画して下さった、東京大学と慶應義塾大学のチェスサークルの皆様、本当にありがとうございました。

1年 和田
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sophiachesscircle.blog91.fc2.com/tb.php/28-e60275b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。