Sophia Chess Circle - ソフィアチェスサークル

上智大学にあるチェスサークルの活動日記です。サークルは2009年4月29日にできたばかりのサークルです。初心者大歓迎!気軽に遊びに来てください!!
Posted by ソフィアチェス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ソフィアチェス   1 comments   0 trackback

222交流会の“ウラガワ”

久しぶりに記事を書かせていただきます。
今回は2月22日(金)に上智大学にて行われました、交流会のレポートをさせていただきます。
他大学のブログと内容がカブらないよう、ここでは今交流会の“オモテ”ではなく“ウラ”を中心にレポート致します。詳し目に書いたので、長いです、すみません。

前編:当日まで
当サークルの渉外係を務める私のもとに、筑波大学CC代表様からのメールが届いたのは2月19日(火)のこと。
「22日の活動に顔を出しても?」という内容だったのであっさりOKし、その後の返信を見て…
5名もの方が遠征して下さることが発覚!!

実はメールをいただく前日にも活動があり、参加者の人数が思わしくありませんでした。
このままではせっかく遠征していただいても、筑波同士の対局、なんていう展開になりかねません。

翌20日、TUCCさんの活動にお邪魔し、声をかけるもほぼ収穫なし。あと2・3人集まれば、と思っていたため、あまり熱心には誘いませんでした。

21日、行動力抜群の同期・荒井のアドバイスを受け、各方面に活動参加を募るメールを送ることに。
直前の告知になってしまったため(これでは渉外失格ですね)、それほど多くの参加者は期待していませんでした。
が、
参加希望のお返事が、続々と私の元に。

数えてみると、TUCCからは5名、KUCCからは1名。
筑波の5名、上智の5名と合わせて16名の方が集まることになりました。小さめの交流会ができる規模です。
当初、部員と学外少数との活動を予定していたため、交流会の企画など何一つしていません。
想定外の事態を招いた張本人として、急遽交流会の企画をすることに。

とはいえ、イベントの企画は初めてで(まぁ、1年ですから)、タイムテーブルを作るのにも一苦労。途中参加・途中退出者が動きやすい時間設定を心がけました。せっかくなので長めの試合をと思い、タイムコントロールは25分+10秒/手としました。

そして企画の山場、ペアリング。同じレベル同士で組むというより、普段見かけない組み合わせにすることに。ようやく3ラウンド分を組んで、いざ当日です。

後編:交流会当日
寝不足気味のまま登校、部室から教室へ移動し、会場づくりです。

ここで問題発生。

あらかじめ会場として案内させて頂いていた教室より、検討室として使う予定だった教室の方が広いことが判明。急遽会場変更のお知らせをするという、渉外係としてあるまじき失態partⅡ・・・参加者の皆様を混乱させてしまったこと、お詫び申し上げます<(_ _)>

さて、会場のセッティングを済ませ、参加者を待ちます。

2013.2.22 交流会 タイムテーブル
余裕を持った時間設定。これでいくらでも融通が利く。

徐々に人が集まり始めたその時。
筑波からの参加者が1名欠席&1名遅刻となり、ペアリング変更。なんだかよく見かけそうな組み合わせ発生ですが…仕方ありません。一番のゲストは筑波さんだもの、筑波さん優先に決まってますよね・・・?

予定より早くメンバーが集まり、第1ラウンド開始です。

2013.2.22 交流会 第一ラウンド
私は運営に専念するため、第1・第2ラウンドともに出ませんでした。

始まって間もなく、筑波の期待の星・倪放(ニファン)さんがご到着。先日行われた交流戦 in 筑波でのご活躍が記憶に新しい、この方と対局することになるとは!せっかく来て下さったのに、私では物足りなかろうと思いつつも、とりあえず盤に向かう。しかし、
時計がなーーーい!!
今回は私の告知が遅れたせいもあり、参加者の方々に十分な数の時計をご用意して頂くことができませんでした。我らが頼れる最年長・今井さんに裏ルートでいくつが仕入れて頂きましたが、それでも足りなかった…失態のツケがここにまで。
結局、倪放さんには同じころ颯爽と登場したチェスコーチ・上原さんと時計なしで対局して頂きました。来ていきなり対局を依頼されても、快く引き受けて下さった上原さんには感謝です。準備不足で本当に申し訳ありませんでした。

一度会場を離れ、戻ってから第2ラウンドのペアリングの組み直し。なるべく結果が同じ人同士を組み、白番・黒番も前の対局とは逆になるようにします。我らがエース・松本部長にアドバイスをいただき、楽に作業が進みました。第3ラウンドのペアリングでは余裕も出て、夢の「あらいさん」対決が実現。

2013.2.22 交流会 検討室
検討室での一面。下はそこでふるまわれたお菓子たち。どれもおいしくいただきました♪持って来てくださった皆様、ありがとうございます。

お菓子がたくさんあるだけで幸せになれますね(^_^)v

2013.2.22 交流会 お菓子
目を引く左側のケーキは、某同期の手作り。女子力の高さがうかがえます。

第3ラウンドも無事終わり、アフターの予約の関係で慌ただしく片づけをするも、閉会式へ。

ここで私から、入賞者(1位と2位)へのサプライズです。
第1ラウンドの間に会場をほったらかしてどこへ消えていたかというと、入賞者への景品を用意するため、当大学内の○善←へ。Sophia Universityのロゴと校章が入ったペンを買占めに行きました。レジでペンを1本ずつ包装することに対する店員さんのイライラに耐えるのって、なかなか根性いりますね。

2.5Pで見事、四色ボールペン&フリクションボールをゲットした杉田さん、DMこと田中さん、おめでとうございます!2.0Pでボールペンを獲得、新井さん、石川貴久さん、田尻さん、松本さん、今井さん、次回は優勝目指して頑張ってください!

同順位が複数出てもいいようテキトーに用意しましたが、結構うまく配れました。四色ペンを2本&ボールペンを5本用意した私、予知能力に目覚めたかもしれない(笑)

丸々余ってしまったシャーペンは、参加賞としてはるばる陸の孤島から来て下さった筑波の皆さんへ。

2013.2.22 交流会 景品
今回の景品のフリクションボールペン(白)とシャープペンシル(オレンジ&グリーン)

閉会式後はアフター組と帰宅組に分かれて解散。アフターはカプリチョーザさんにて。私は門限の都合上、一足先に帰らせて頂きました。

2013.2.22 交流会 アフターinカプリチョーザ
にぎやかな食卓に、やっぱりチェス盤。

今回の企画で、運営側の苦労を身をもって知ることが出来ました。これまで参加者側ばかりだった私にとって、とても良い経験になりました。

遠く筑波からお越し下さった、筑波大学CCの皆様、貴重な機会をありがとうございます。
そして直前に告知したにもかかわらず、お忙しい中参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。
運営を手伝って下さった部員の皆さん、感謝致します。

不備な点が多々ありましたこと、心からお詫び申し上げます。今回の交流会で、皆様が少しでも楽しい時間を過ごして下さったなら、企画者として光栄に存じます。
またこのような企画をさせて頂く機会がありましたら、今回の失態を教訓に、よりよい交流会にしたいと思います。その時はまたぜひ上智大学にお越し下さい。

2013.2.22 交流会 集合写真1
参加者の皆さんで記念撮影。センターのDMさん、貫禄あります。

1年
和田
スポンサーサイト

Comment

あべた says... ""
急な訪問だったにも関わらず、素晴らしい企画でしたよ!
ありがとうございました(^・ ω ・^)
また今度、時間を見つけておじゃまさせていただきます笑
2013.02.24 21:59 | URL | #vPaOURpM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sophiachesscircle.blog91.fc2.com/tb.php/41-01576331
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。